言葉を変えるだけで自分を活かせるようになる

人の悩みを聴いていると、

普段ほとんど意識はしていませんが、

私たちは言葉の意味にかなり縛られているということに気付かされることがよくあります。

例えば

これは本人が名前を出さなければ書いても良いと承諾してくれたので書きますが

ある人は仕事が嫌でしょうがないということで悩んでいました。

仕事のどんなところが嫌なの?と質問すると

仕事の内容や量もそんなに大変ではないし

仕事に全く興味を持てず、つまらないというわけでもない。

上司から成果を出せとプレッシャーをかけられないし

人間関係でトラブルもないし

身体の調子悪いわけでもない。

むしろ他の会社で働いている学生時代の友達の話を聞いていると

自分はずいぶん恵まれた職場にいるんだなあと思うそうです。

そんなに嫌だと思う理由が見当たらないのに

なぜか仕事って考えるだけで嫌になってしまうのですよねと言っていました。

これはどういうことなのか?を探るためにさらに話を聴いていってわかったのは

この人は仕事という言葉に、めんどくさい、嫌々やるもの、自由がない、奴隷みたいに働かされる、

みたいなネガティブな意味をたくさんつけていて、

実際の仕事そのものはそこまで負担じゃないのに、

その色眼鏡(その言葉につけた意味付け)によって

仕事と考えるだけでネガティブな感情が湧いてきて、

それによりものすごい負担だと感じたり、やる気が失せてしまっていたようなのです。

ということは、仕事という言葉を使うとすごく大変に感じて嫌になってしまうのなら

逆に仕事という言葉をつかわなければどうなるか?

そこで仕事という言葉を作業という言葉に変えて考えるとどうなるか?やってもらいました。

すると

これまでだったら仕事だと考えると億劫になったり、嫌だという気持ちになり

なかなか動けなかったり、それだけで疲れてしまっていたのが

作業という言葉に変えて考えると、ネガティブな感情が出てこないというので

これをしながら日常で様子を見てもらいました。

すると今までが何だったんだろうと思ってしまうぐらい

抵抗なくすんなり動けてしまったり、今までみたいな負担を感じず楽にできるようになったそうです。

実際にやることは同じなのに、言葉を変えただけで変わってしまうのですね。



これは面白いとなり、この仕組を使って子どもたちにやってみたのは

遠足などで階段を登るのがつかれるから嫌だとかめんどくさいと

ぶーぶー文句ばっかりいってダダをこねる子に

階段を登るって考えるのではなく

足を下ろす、足を下ろす、って考えながら登ってみなって登らせたら

すごい嫌がっていた子が

あれ?なんか楽に登れる、と言いながら登っちゃったのですよね。

言葉を変えるだけで自分を活かせるようになるって面白いですよね。

プロフィール

若林宏行

Author:若林宏行
日々、様々な悩みや問題を抱えている大人の人たちや子供たちと関わる中で、気づかせていただいたことや私自身が感じた「忘れてしまっている大切なこと」をつづっていくブログです。

主に子育てや家族の問題、人間関係や仕事の問題、引きこもりや発達障害、心の問題などを中心に載せていきます。

プロフィール詳細
→ 若林 宏行
※「21世紀共育ラボ」サイトへ移動します。

最新コメント

検索フォーム

運営

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム