かわいいが子供の集中力を高める

仕事や勉強やスポーツなどの効率やパフォーマンスを上げるために欠かせないのが

集中力だと言われていますが、集中力ってどうすれば高められるのですかね?

この集中力について広島大学の入戸野先生たちの研究グループが面白い実験をしています。

この実験では大学生たちを2つのグループに分け、


①ピンセットを使って小さなおもちゃをつまみ出す作業と

ランダムに並んだ数字の列から特定の数字がいくつあるかを探す

という非常に集中力を必要とする作業をしてもらう。


②その作業の後に、

片方のグループでは子猫と子犬の(とてもかわいいと感じる)写真を見てもらう。

もう片方のグループでは大人の猫と犬の(子猫・子犬よりは可愛さが低い)写真を見てもらう。


③再び、最初の作業をしてもらう。

それによってそれぞれの作業の成果に

どんな影響を与えるかを調べる実験をしたそうです。


その結果、


子猫・子犬の(とってもかわいい)写真を見たグループでは

小さなおもちゃをつまみ出す作業では成功率が44%も高まり

数字を探す作業では16%正解率が上がったそうです。


大人の猫・犬の(かわいい)写真をみたグループでは

小さなおもちゃをつまみ出す作業が成功率が12%増え

数字を探す作業が1.4%増えたそうです。


ちなみに美味しそうな食べ物の写真も使って実験しましたが、

この写真では効果がなかったそうです。


この実験結果より、動物の赤ちゃんのかわいい写真を見ると、

注意力を必要とする作業の成績が良くなる=集中力が高まる

ということがわかったそうです。


何でそうなるのかはよくわかりませんが

子猫や子犬の写真を子供の机や下敷きに挟むと良いかもしれませんよ。

もし研究が進んですごい効果があるとなると

将来、オリンピック選手が試合の前に子猫や子犬の写真を見ていたり

プロ野球選手やプロゴルファーが試合の合間に子猫の写真をみて

集中力を高めるなんてことになるかもしれないですよ。

案外

フィギアスケートのあの選手もかわいい黄色いクマのぬいぐるみで

集中力を高めているのかもしれないですね。


この研究に関しては広島大学のHPに載っています。
https://www.hiroshima-u.ac.jp/research/now/no31

プロフィール

若林宏行

Author:若林宏行
日々、様々な悩みや問題を抱えている大人の人たちや子供たちと関わる中で、気づかせていただいたことや私自身が感じた「忘れてしまっている大切なこと」をつづっていくブログです。

主に子育てや家族の問題、人間関係や仕事の問題、引きこもりや発達障害、心の問題などを中心に載せていきます。

プロフィール詳細
→ 若林 宏行
※「21世紀共育ラボ」サイトへ移動します。

最新コメント

検索フォーム

運営

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム