笑いがみんなを変えていく

発達障害の子達は

相手の気持ちがわからなかったり、空気を読むということが不得意なので

悪気は無いのだけれども、不適切な事を言ってしまうことで

周りの子達とトラブルになるということが良くあります。

特に、その内容が性的な話や犯罪や事件などの話など、

周りがギョッとしてしまうような内容だったりすると

周りもどうすれば良いかわからず困ってしまい

とにかく止めさせなければとなり関係がどんどん悪化し、

そこに居られなくなってしまうということがあります。

すごくわかりにくいのですがそういう子達って周りからみると

言いたいことを言っているし全く人の話を聞いていないようにみえるので

好き勝手やっていて悩んでいないように思われてしまいがちですが

理解されなかったり、叱られたりして

けっこう傷ついていたりするのですよね。

だから、自分の事をダメだと思っていることが多く、

それを認めたくない気持ちもあるので情緒的に不安定になり

色々なことをやっちゃったりするのです。

そんな子に対して、こちらが頭ごなしにギョッとするような話を

否定してしまうと関係が築けないですし、

かといって何でもかんでも受け入れてしまうと、これで良いんだと思ってしまい

同じ繰り返しを今後も続けていってしまうので

その子を受け入れつつ、自分のやっていることはどういうことで

周りからどう見えるのかを上手に気づかせていく事をしていきます。


私の場合は、その子の話にツッコミを入れながら笑いに変えていくのですが

ツッコミってすごいのですよ。

ツッコミを入れるということは

その子のギョッとするような話や認知の歪みや考え方のズレを

問題だとか、間違っているとか否定するのではなく

面白さに変えつつ、指摘しているのですよね。

また、ズレを意識させるということは

(笑われないようにするには)どうしたら良いのか?とか

周りはどう捉えたり、感じるのか?ということを暗に教えているのです。


まあ、実際本人はこの人と話をしていると面白いぐらいしか感じていないと思うけど

そんな感じでツッコミ入れられ、ゲラゲラ笑いながら過ごしていると

前向きになってきたり、こちらのことを考えてくれるようになってくるのですよね。

また、その子とのボケとツッコミのやり取りを先生や保護者にお話をすると、

その子に対するイメージが変わってきて

問題と思われていたものが問題から課題と捉えてくれたり

その子自身に面白さや愛らしさも感じてくれるようになってくれるのです。

そうやって笑い使って周りを巻き込みながら

みんなで協力しながらその子を見ていくと

その子を中心にみんなが変わっていくのですよね。

プロフィール

若林宏行

Author:若林宏行
日々、様々な悩みや問題を抱えている大人の人たちや子供たちと関わる中で、気づかせていただいたことや私自身が感じた「忘れてしまっている大切なこと」をつづっていくブログです。

主に子育てや家族の問題、人間関係や仕事の問題、引きこもりや発達障害、心の問題などを中心に載せていきます。

プロフィール詳細
→ 若林 宏行
※「21世紀共育ラボ」サイトへ移動します。

最新コメント

検索フォーム

運営

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム