みんな無条件の愛を求めながらも、それを受け入れるのは難しい

相談の仕事をしていると

私は親から愛されず、つらい思いや寂しい思いをたくさんしてきた

という話をよく聞くことがあります。

それほど、幼少期の親子関係はその人の人生に影響を与えるもの

なのですが、そういう話をたくさん聞いていてわかったのは

親から愛されなかったというのはどういうことかというと

多くの場合

~したら、~できたら愛して(受け入れて・認めて)もらえる

というような「条件付き」でしか愛してもらえなかったということなのです。

そして、この問題で苦しんでいる多くは

愛されるために条件(親の思い通りになったり期待に応えたり)を満たそうと

ヘトヘト(自分が何をしたいのかもわからなくなる)になるぐらい頑張ってきた

人であり、どうしてそこまで頑張って来たかというと

そうやって努力して条件を満たせば愛される=ありのままの自分を愛してもらえる

と信じているからなのです。

要するにすごく無条件の愛を求めているのです。


ところがこれまで愛されようと散々努力しているということは

裏を返せば、

そのままの自分では愛されないと思っている所があるということですし

さらに

相手の条件を満たせば愛される=自分の努力で相手の愛をコントロール

しようとしているということです。


でも一番求めている無条件に愛されるって、無条件なのでこちらが努力しないでも
(何もしないで)愛されることなのですよ!つまり、完全に相手次第。


そのままの自分では愛されないと信じている人が

愛される努力を全く(コントロール)手放して

(相手次第なので)相手に完全に委ねるって

難しいのですよ。

なぜなら、愛される努力をしないということは、

ある意味、一番恐れている愛されなくなる可能性も受け入れることであり

それは自分がそのままの自分を受け入れることなのです。

それが出来ないと恐れと不安でコントロールしたくなってしまうので

素直に相手の気持ちを受け入れられず疑ったり

相手をコントロールしようとしちゃうのですよね。

つまり、無条件に愛される事を受け入れるには、

自分を無条件に受け入れ(一番恐れていることになるかもしれないという恐れや不安もひっくるめて)

相手に委ねる=相手が自分を拒絶する可能性さえも受け入れる

=相手も無条件に受けいれる(相手を信頼し、委ねる)

という深い受容と手放しが必要なのです。

プロフィール

若林宏行

Author:若林宏行
日々、様々な悩みや問題を抱えている大人の人たちや子供たちと関わる中で、気づかせていただいたことや私自身が感じた「忘れてしまっている大切なこと」をつづっていくブログです。

主に子育てや家族の問題、人間関係や仕事の問題、引きこもりや発達障害、心の問題などを中心に載せていきます。

プロフィール詳細
→ 若林 宏行
※「21世紀共育ラボ」サイトへ移動します。

最新コメント

検索フォーム

運営

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム