言葉を変えるだけで自分を活かせるようになる

人の悩みを聴いていると、

普段ほとんど意識はしていませんが、

私たちは言葉の意味にかなり縛られているということに気付かされることがよくあります。

例えば

これは本人が名前を出さなければ書いても良いと承諾してくれたので書きますが

ある人は仕事が嫌でしょうがないということで悩んでいました。

仕事のどんなところが嫌なの?と質問すると

仕事の内容や量もそんなに大変ではないし

仕事に全く興味を持てず、つまらないというわけでもない。

上司から成果を出せとプレッシャーをかけられないし

人間関係でトラブルもないし

身体の調子悪いわけでもない。

むしろ他の会社で働いている学生時代の友達の話を聞いていると

自分はずいぶん恵まれた職場にいるんだなあと思うそうです。

そんなに嫌だと思う理由が見当たらないのに

なぜか仕事って考えるだけで嫌になってしまうのですよねと言っていました。

これはどういうことなのか?を探るためにさらに話を聴いていってわかったのは

この人は仕事という言葉に、めんどくさい、嫌々やるもの、自由がない、奴隷みたいに働かされる、

みたいなネガティブな意味をたくさんつけていて、

実際の仕事そのものはそこまで負担じゃないのに、

その色眼鏡(その言葉につけた意味付け)によって

仕事と考えるだけでネガティブな感情が湧いてきて、

それによりものすごい負担だと感じたり、やる気が失せてしまっていたようなのです。

ということは、仕事という言葉を使うとすごく大変に感じて嫌になってしまうのなら

逆に仕事という言葉をつかわなければどうなるか?

そこで仕事という言葉を作業という言葉に変えて考えるとどうなるか?やってもらいました。

すると

これまでだったら仕事だと考えると億劫になったり、嫌だという気持ちになり

なかなか動けなかったり、それだけで疲れてしまっていたのが

作業という言葉に変えて考えると、ネガティブな感情が出てこないというので

これをしながら日常で様子を見てもらいました。

すると今までが何だったんだろうと思ってしまうぐらい

抵抗なくすんなり動けてしまったり、今までみたいな負担を感じず楽にできるようになったそうです。

実際にやることは同じなのに、言葉を変えただけで変わってしまうのですね。



これは面白いとなり、この仕組を使って子どもたちにやってみたのは

遠足などで階段を登るのがつかれるから嫌だとかめんどくさいと

ぶーぶー文句ばっかりいってダダをこねる子に

階段を登るって考えるのではなく

足を下ろす、足を下ろす、って考えながら登ってみなって登らせたら

すごい嫌がっていた子が

あれ?なんか楽に登れる、と言いながら登っちゃったのですよね。

言葉を変えるだけで自分を活かせるようになるって面白いですよね。

かわいいが子供の集中力を高める

仕事や勉強やスポーツなどの効率やパフォーマンスを上げるために欠かせないのが

集中力だと言われていますが、集中力ってどうすれば高められるのですかね?

この集中力について広島大学の入戸野先生たちの研究グループが面白い実験をしています。

この実験では大学生たちを2つのグループに分け、


①ピンセットを使って小さなおもちゃをつまみ出す作業と

ランダムに並んだ数字の列から特定の数字がいくつあるかを探す

という非常に集中力を必要とする作業をしてもらう。


②その作業の後に、

片方のグループでは子猫と子犬の(とてもかわいいと感じる)写真を見てもらう。

もう片方のグループでは大人の猫と犬の(子猫・子犬よりは可愛さが低い)写真を見てもらう。


③再び、最初の作業をしてもらう。

それによってそれぞれの作業の成果に

どんな影響を与えるかを調べる実験をしたそうです。


その結果、


子猫・子犬の(とってもかわいい)写真を見たグループでは

小さなおもちゃをつまみ出す作業では成功率が44%も高まり

数字を探す作業では16%正解率が上がったそうです。


大人の猫・犬の(かわいい)写真をみたグループでは

小さなおもちゃをつまみ出す作業が成功率が12%増え

数字を探す作業が1.4%増えたそうです。


ちなみに美味しそうな食べ物の写真も使って実験しましたが、

この写真では効果がなかったそうです。


この実験結果より、動物の赤ちゃんのかわいい写真を見ると、

注意力を必要とする作業の成績が良くなる=集中力が高まる

ということがわかったそうです。


何でそうなるのかはよくわかりませんが

子猫や子犬の写真を子供の机や下敷きに挟むと良いかもしれませんよ。

もし研究が進んですごい効果があるとなると

将来、オリンピック選手が試合の前に子猫や子犬の写真を見ていたり

プロ野球選手やプロゴルファーが試合の合間に子猫の写真をみて

集中力を高めるなんてことになるかもしれないですよ。

案外

フィギアスケートのあの選手もかわいい黄色いクマのぬいぐるみで

集中力を高めているのかもしれないですね。


この研究に関しては広島大学のHPに載っています。
https://www.hiroshima-u.ac.jp/research/now/no31

察することが出来ないのは障害なのか?それとも文化なのか?

みなさんは、高コンテクスト文化とか低コンテクスト文化という言葉を知っていますか?

これはアメリカの文化人類学者のエドワード・ホールが

様々な国や地域のコミュニケーションのスタイルを調べその特性をまとめたもので

「コンテクスト」とはコミュニケーションの基盤となる

共通の知識や価値観・考え方(背景や文脈)のことです。

そしてこのコンテクストの共通性が高い文化を高コンテクスト文化、

コンテクストの共通性が低い文化を低コンテクスト文化と呼ばれています。

高コンテクスト文化は、

コミュニケーションの基盤となるコンテクストの共通性が高く言葉以外の文脈や状況から

情報を汲み取ってくれるので、言葉にしなかったり曖昧なことを言っても、

お互いに察してなんとなく通じちゃうのです。

そのために感情的に物事を決める傾向があり論理的にずれていても

受け入れられたりしちゃいます。

ということは、高コンテクスト文化でのコミュニケーションは

「コンテクストの量」と、

共通のコンテキストから「文脈や状況から汲み取る能力」がポイントとなります。

また低コンテクスト文化は

コミュニケーションの基盤となるコンテクストの共通性が低いので、

言わなかったり、曖昧な言葉だと伝わりません。

言葉がとても重視され、直接的でわかりやすく、シンプルで論理的に伝えていかないと

通じないという傾向があります。そのために論理的に物事を決める傾向があります。

ですから低コンテクスト文化でのコミュニケーションは、

表現力、説明能力、論理的な思考力、交渉力などが重視され、

移民国家などは全く違う価値観や歴史を持った人たちが

集まっているのでこの傾向が強くなります。

なんでこの話を出したかと言うと、発達障害の子どもたちと関わっていて思うのは、

結局、この子達と関係を築く時にやっているのは

低コンテクスト文化的なコミュニケーションなのですよね。

要するに異なる文化を持つ人達と関係を築くやり方。

確かに彼らのコミュニケーションがうまくできないのは障害なのでしょうが、

私の感覚だと障害というよりも異なる文化を持った人たちとの関わりみたいな感じで

この子はこういう考え方をするんだとか、

こういう伝え方をすれば伝わるんだと日々発見だったり、

時間はかかるけどだんだん伝わるようになっていくのが楽しいので、

これって障害なの?って時々わからなくなるのですよ。

ですからこの高コンテクスト文化的な

「同じように考えたりわかるのが当たり前」というのが

彼らのコミュニケーションをより難しくさせているところも

あるんじゃないかなと思うことがよくあります。

でも考えてみると今の時代は膨大な情報や様々な知識、価値観・考え方などが

どんどん入ってくるし、個性や違いを認めていく方向にどんどん進んでいるので

共通のコンテクストってどんどん減ってきているわけで、

むしろ低コンテクスト文化的なコミュニケーションの仕方が

必要になってきていると思うのですよ(特に変化の激しいビジネスの世界では)。

だから、一人ひとりが違うのだから、わからない伝わらないのが当たり前で

どうやってコンテクストの違う人たちと関係を築いていけばよいか?

という考えに変えていかなければ

これからは対応できなくなっていくように感じるのですよね。

そういう視点からいうと発達障害の子どもたちは

今の時代に必要なことを教えてくれている存在なのかもしれないと思うのですよね。

笑いがみんなを変えていく

発達障害の子達は

相手の気持ちがわからなかったり、空気を読むということが不得意なので

悪気は無いのだけれども、不適切な事を言ってしまうことで

周りの子達とトラブルになるということが良くあります。

特に、その内容が性的な話や犯罪や事件などの話など、

周りがギョッとしてしまうような内容だったりすると

周りもどうすれば良いかわからず困ってしまい

とにかく止めさせなければとなり関係がどんどん悪化し、

そこに居られなくなってしまうということがあります。

すごくわかりにくいのですがそういう子達って周りからみると

言いたいことを言っているし全く人の話を聞いていないようにみえるので

好き勝手やっていて悩んでいないように思われてしまいがちですが

理解されなかったり、叱られたりして

けっこう傷ついていたりするのですよね。

だから、自分の事をダメだと思っていることが多く、

それを認めたくない気持ちもあるので情緒的に不安定になり

色々なことをやっちゃったりするのです。

そんな子に対して、こちらが頭ごなしにギョッとするような話を

否定してしまうと関係が築けないですし、

かといって何でもかんでも受け入れてしまうと、これで良いんだと思ってしまい

同じ繰り返しを今後も続けていってしまうので

その子を受け入れつつ、自分のやっていることはどういうことで

周りからどう見えるのかを上手に気づかせていく事をしていきます。


私の場合は、その子の話にツッコミを入れながら笑いに変えていくのですが

ツッコミってすごいのですよ。

ツッコミを入れるということは

その子のギョッとするような話や認知の歪みや考え方のズレを

問題だとか、間違っているとか否定するのではなく

面白さに変えつつ、指摘しているのですよね。

また、ズレを意識させるということは

(笑われないようにするには)どうしたら良いのか?とか

周りはどう捉えたり、感じるのか?ということを暗に教えているのです。


まあ、実際本人はこの人と話をしていると面白いぐらいしか感じていないと思うけど

そんな感じでツッコミ入れられ、ゲラゲラ笑いながら過ごしていると

前向きになってきたり、こちらのことを考えてくれるようになってくるのですよね。

また、その子とのボケとツッコミのやり取りを先生や保護者にお話をすると、

その子に対するイメージが変わってきて

問題と思われていたものが問題から課題と捉えてくれたり

その子自身に面白さや愛らしさも感じてくれるようになってくれるのです。

そうやって笑い使って周りを巻き込みながら

みんなで協力しながらその子を見ていくと

その子を中心にみんなが変わっていくのですよね。

人間関係に必要なことは芝刈りハサミに教わった

最近、7~8年近く使っていた庭の芝生を刈るハサミが


ついにダメになってしまったので新しく買いました。


これでサクサク切れると思ったのですが


先日この新しいハサミで草を刈っていたら


どうもサクサク切れず、


新しいのにこのハサミ不良品なの?(ウキッー!)となり


ショック受けていたのですよ。


ただ、また新しく買うのも嫌ですし(ケチですごめんなさい)


とりあえずこれで出来るところまでやろうと別の日に草を刈っていたら


あらら?なんかサクサク刈れるのです。


これってハサミそのものは変わっていないので


ハサミの問題じゃなくて私のやり方や扱い方の問題なのですよね。

(またやっちゃいました、ごめんなさいm(_ _)m)


結局、なぜサクサク刈れるようになったのか?というと


最初の時は、新しいのでサクサク刈れるはずだと思い込み


すごい勢いで力任せにやっていたのですが


そうすると力で草を押し切るようになり、それで草が曲がって刃の部分からずれてしまい


切断できない草が増えていたのです。


ところが余計な力を抜いて素直にハサミを使うと、草が曲がらないのでサクサク切れたということなのです。


要するに、自分がこのハサミのこと(特徴や性能)を全く見ないで


自分の思い込みを実現させようとしているから、空回りしているだけなのですよね。


それでよくやってしまうのは


自分の思い通りにならないから、また違うハサミを買ってきて(全部ハサミのせいにして)


でも自分が変わっていないからまた上手に出来ず、このハサミもダメだとなり


自分の思い通りにしてくれる理想のハサミを永遠に探し続ける事になるのです。
(あぶないあぶない~理想のハサミを探す旅に出ちゃうところだったわ。)


でもこれって道具と私との関係でしたが、これは人との関係でも同じなのですよね。


相手のことを見ないで(相手が出来ることや出来ないこと、得意なことや不得意なこと、相手の状況や気持ちなど)


自分の思いや都合ばかりを優先したり実現しようとすると、空回りしていくのですよね。


そして、思い通りにならないのは相手のせいとしてしまうと、


完璧に思い通りにしてあげられる人なんていないので


最終的に誰からも相手にされなくなり、孤立してしまうのですよね。


では反対に相手に全て合わせてあげればよいのか?となりますが、


相手の合わせすぎると、相手は何でもやってもらえるので無理してやる必要がないと感じ


能力を使わなくなってしまうのですよね。


また、自分も相手に合わせてあげることだけに自分の能力を使ってしまい、


本来の目的を達成するためにお互いに能力を使えなくなり


これも空回りしていくのですよね。


結局は、自分だけがよくても、相手だけがよくてもダメなのですよね。


たかが芝刈りハサミの使い方ですが、


道具との関係からも人間関係に必要なことを教えてもらえるのですよね。

プロフィール

若林宏行

Author:若林宏行
日々、様々な悩みや問題を抱えている大人の人たちや子供たちと関わる中で、気づかせていただいたことや私自身が感じた「忘れてしまっている大切なこと」をつづっていくブログです。

主に子育てや家族の問題、人間関係や仕事の問題、引きこもりや発達障害、心の問題などを中心に載せていきます。

プロフィール詳細
→ 若林 宏行
※「21世紀共育ラボ」サイトへ移動します。

最新コメント

検索フォーム

運営

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム